日常生活と住宅ローンなどの金利

生活の中で腐敗と食中毒は異なる

日常生活と住宅ローンなどの金利 食べ物に消費期限が記載されていることがあります。その期限を超えて食べると体に何らかの問題が出ることを意味します。腐敗などによって食べるのに適さない状態になっている場合があります。食べるのを避けた方が良いでしょう。それ以外にもにおいなどで腐敗していることがわかる場合があります。腐敗しているものを食べるとおなかを壊すこともあるので注意が必要です。

生活の中で食中毒が起こりやすい時期として季節の変わり目があります。春は寒い日から暑いに変わります。夏はかなり気を遣いますが春は少し油断をしやすいです。そのことから起こる可能性が高まります。食中毒と言えば腐ったものを食べた時に起こるイメージがあります。新鮮な野菜、肉を食べていれば全く問題がないかと言えばそうではありません。

食中毒は細菌とウイルスによって起こります。これらは腐敗していない食べ物にもついています。生肉、生魚などについていることがあります。加熱をすることで問題が無くなることがありますが、生肉の細菌がついたまま生で食べる野菜の調理をするとそこから食中毒を起こすことがあります。腐っているから問題、腐っていないなら問題ないとの考えを改める必要があるでしょう。

お役立ちサイト



Copyright(c) 2019 日常生活と住宅ローンなどの金利 All Rights Reserved.