日常生活と住宅ローンなどの金利

日常生活での仕事と価値の意味

日常生活と住宅ローンなどの金利 日常生活では、何かを費やして収入にして生活ができるようになっています。それが労働だったり知恵や能力だったりします。それらを生み出すことにより、それが報酬になります。要するに、価値を生み出した価格が報酬になります。生み出す価値が高ければ、報酬も多くなります。価値を生み出す力が報酬に繋がるということでもあります。それは仕事の能力かもしれず、投資の能力、アイデアの能力かもしれません。芸術家が作品を制作し、その作品が価値を得るような感じです。

芸術家は作品ですが、一般的には、仕事の能力などになります。より能力が高ければ、価値も上がります。仕事で専門的にできる人が少なくて、自分がそれをすることができれば、価値も上がり、その価値にふさわしい報酬も得られます。それが、その人だけしかできない場合には、さらに価値が上がります。スキルアップの意味もそこにあります。

誰にでもできる仕事では、報酬も低くなります。需要と供給です。資産を増やしたいとか、お金を増やしたいとかということでは、この原則の中で自分の何らかの自分にしかない価値を高めていくしかないということになります。そうなると、自分の価値も知らなければ、高めようもありません。それを人生の早い時期に棚卸しなどで知っておく必要があります。

お役立ちサイト



Copyright(c) 2019 日常生活と住宅ローンなどの金利 All Rights Reserved.